So-net無料ブログ作成
検索選択

マスクはインフルエンザ予防に効果あり?! [健康]

スポンサードリンク




インフルエンザの予防法としてよく耳にする
「マスクをする」

もはや常識となっているマスクですが、
このマスクについて、気になる話を聞きました。

それは、
「インフルエンザウィルスはマスクを通り抜ける」

えっ??
マスクって、インフルエンザウィルス通さないから、
予防に効果があると思っていませんでしたか?


いえいえ、実はマスクはウィルスを通してしまうんです。

マスクの目はインフルエンザウィルスよりもはるかに大きく、
例えるなら、マスクの目はサッカーゴール、
ウィルスはサッカーボールほどの大きさなんだそうです。

それならインフルエンザウィルスは、
簡単にマスクの目を通り抜けてしまいますよね。


では、なぜマスクはインフルエンザ予防に効果があると
言われるのでしょうか?

それはマスク内の湿度に関係があるのです。


インフルエンザウィルスは湿度に非常に弱い性質があるのですが、
あるテレビ番組でマスク内の湿度を計ったところ、
マスク内は平均で90%以上の湿度があることが分かったのです。

つまり、マスク内ではウィルスは弱まり、
さらにマスクをすることでのどの乾燥を防ぎ、
のどの粘膜の防御機能を低下させないようにできるということなんですね。


その他、普段の生活の中では

①外出後はうがい、手洗いをする
②部屋を加湿する(適度な湿度を保つ)
③人混みを避ける
栄養、休息を十分にとる


これらのことに気を付けて、
インフルエンザが流行するこの時期を乗り切っていきましょう。





スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。