So-net無料ブログ作成
検索選択

靴下を履いて寝るのは身体にいいの?悪いの? [健康]


私は冬場靴下を履いて寝ます。
理由はもちろん「履いている方が温かいから」

3、4年前までは裸足で寝ていたので、
年をとった証拠なんでしょうか?
(そう考えると悲しいですが・・・)

ただ、それまでは靴下を履いて寝るという考えが
自分の中になかったように思います。

・・・で、ある日靴下を履いて寝てみた。
すると「足が冷たくない」と実感した。

それから、履いて寝るのが普通になった
・・・という感じです。


でも昔、母から「靴下を履いたまま寝るのはよくない」と
言われていたようなかすかな記憶があって、
気になって調べてみました。

靴下を履いたまま寝ると身体によくないという意見がけっこう多くて、
特に冷え性の人は、冷えを助長することになるとか。

原因は靴下の締め付けによる血行不良が冷えにつながるから。

他には、靴下を履いたまま寝ると、足が温かいと脳が勘違いして
自分自身で身体を温めようとしなくなり、
よけいに冷える原因になるという話もありました。


反対の意見としては、

靴下を履いて寝るのがよくないと言われるのは、
足が蒸れやすくなるという理由からで、

締め付けがきつくない靴下なら、履いて寝ると保温につながり、
足の冷えを解消できるそうです。


賛否両論、両方の意見があり、
どちらが正しいとは言えないような気がしますが、

足元がスースーして寝付けないということもないので、
私の場合は履いて寝た方が断然寝心地がいいです。


いずれにしても、締め付けのきつい靴下は履かない方が良いようですが、

自分の好みや体調に合わせて、靴下を履いて寝るか、
あるいは靴下は使わずに、湯たんぽなどの器具を使うなどで
快眠できる方法を試してみるのが良さそうですね。



タグ:冷え性 靴下
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。